リムーバブルハードディスクストレージシステムRDX
RDXカートリッジセキュアをWindows Server 2003 64ビットで使えません。(RDXカートリッジセキュア)

Windows Server 2003は32ビットのみをサポートしています。

対応OSは?(RDXカートリッジセキュア)

以下になります。

・Windows 7(32bit/64bit)
・Windows Vista(32bit/64bit)
・Windows XP(Home/Pro)
・Windows Server 2003(32bit)/2003 R2(32bit)
・Windows Server 2008(32bit/64bit)/2008 R2
*Linuxは対応しておりません。

Javaソフトウェア(32bit版)のインストールは必須ですか?(RDXカートリッジセキュア)

RDXカートリッジセキュアクライアントソフトウェアをインストールする為に必須です。
RDXカートリッジセキュアクライアントソフトウェアをインストールしないと、暗号化機能は動作しません。

RDXカートリッジセキュアクライアントソフトウェアをインストールしない場合は?(RDXカートリッジセキュア)

暗号化なしの通常のRDXカートリッジとして使用できます。

RDXカートリッジセキュアクライアントを2 台目のコンピュータにインストールしたいが、可能ですか?(RDXカートリッジセキュア)

RDXカートリッジセキュアクライアントをインストールできるコンピュータの台数に制限はありません。
通常と同様に、RDXカートリッジセキュアからインストールファイルを実行して、使用したい別のコンピュータにクライアントをインストールしてください。

より大きな容量の製品はありますか?(ミラクル・システムセイバー for イメーションRDX)

現在は320GBのみのご用意となっております。
一般にシステムバックアップではOSやアプリケーションのイメージのみを取得するため、それほど大きな容量にならない場合が多いためです。

3年サブスクリプションはどのようなサポートが受けられるのですか?(ミラクル・システムセイバー for イメーションRDX)

3年間、本製品専用の問い合わせ窓口にお電話かメールにて、詳しい使い方サポートやうまくバックアップできない場合などのお問い合わせが可能です。
また、不具合がある場合には改善版のソフトウェアをご提供いたします。ご購入いただいた方のみにご購入後「サポート使い方ガイド」をご送付いたします。

システムバックアップを毎日実行したいのですが、どのように実行すればいいですか?(ミラクル・システムセイバー for イメーションRDX)

システムバックアップはシステムを導入したタイミングやシステムの更新を行った場合にのみ実行するタイプのバックアップです。このため、本製品にはスケジュールを設定して自動的にバックアップを取得する機能が入っておりません。日々更新されるデータのバックアップを必要な場合には、データバックアップ専用のソフトウェアをご用意いただき、バックアップをお願いいたします。システムバックアップとデータバックアップの両方のバックアップがより確実です。

Linuxで大きなファイルや大量のファイルをコピーすると、カートリッジがリードオンリーになってしまいます。(A8)

A8やRDXドッキングステーションをマウントする際、defaultかasyncオプションを指定しているとこの現象が発生することがあります。
syncオプションを使用することで回避できます。

Symantec System Recovery 2013で使用できますか?(A8)

JBODモードであれば、バックアップに使用することができます。
システム全体をリカバリする場合には、別途RDXのドッキングステーションが必要です。
System Recoveryの起動ディスクがiSCSI接続に対応しておらず、A8を認識しない為です。

RDX A8でRDXカートリッジセキュアを使用できますか?(A8、RDXカートリッジセキュア)

RDX A8がJBODモードの場合に使用可能です。iSCSIでローカルにマウントしたRDXカートリッジセキュアからソフトをローカルのPCにインストールしてお使いください。

A8のスロットとドライブレターの関係がPCを再起動すると変わってしまいます。(A8)

iSCSIイニシエータでドライブをマウントしお気に入りターゲットに設定し、ドライブレターはそのままでホストPCを再起動してください。ドライブレターはスロット番号順に並びます。その後、ドライブレターを変更してください。

テープライブラリーモード、ディスクライブラリーモード、8ドライブHDD(JBOD)モードの違いを教えてください。(A8)

(1)RDX A8のテープモードでは1-3台のテープドライブを搭載した8スロットテープライブラリーとしてエミュレーションをします。ヴァーチャル・テープライブラリーとお考えください。iSCSIイニシエータ―では仮想チェンジャーを1台接続します。VTLをサポートするバックアップソフトが使用できます。
(2)ディスクライブラリーモードとはRDXカートリッジの標準フォーマットのNTFSをそのまま使用し、テープライブラリーのように3台までのディスクドライブと8スロットのライブラリーとしてエミュレートします。現在このモードをサポートしているのはQStar Archive Replicatorのみです。
(3)8ドライブHDD(JBOD)モードはRDXカートリッジの標準フォーマットのNTFSをそのまま使用し最大8台のRDXカートリッジをマウントできます。iSCSIイニシエータ上ではスロットごとに8個のターゲットとして見えます。

RDXカートリッジをグループ可して使用可能ですか? 2本で2TB、3本で3TBでグループ化したりなど可能ですか。(A8)

RDXカートリッジをグループ化することはできません。

BackupExecの標準ドライバではWindows上からロボットライブラリーが「不明なデバイス」としか認識されません。RDX A8用のWindowsデバイスドライバは御社では提供されていないのでしょうか? また、今後提供される予定はございますでしょうか?(A8)

デバイスドライバは必要ありません。互換性のあるバックアップソフト(BackupExec, ARCServeなど)ではLTOドライブとして認識されます。

システムバックアップは可能でしょうか。また、CDブートさせてのハードディスクをまるごとバックアップ、およびリカバリをすることは可能でしょうか。

システムバックアップはRDXをサポートしているバックアップソフトで可能です。CDブートでRDXを認識できる必要があります。

Windows Server標準のバックアップソフトは使えますか。

使えます。ただし、Windows Server 2008 R2ではスケジューリングや個別ファイル単位でのリストアができません。

RDXカートリッジを開こうとすると「ディスクはフォーマットされていません。フォーマットしますか?」 「YES」にすると、実行するが、「失敗しました。」となります。

Windowsのディスクの管理からNTFSにフルフォーマット(クイックではない)してみてください。それでも直らない場合は弊社お客様相談室にご連絡ください。

RDXカートリッジの寿命はどのくらいですか。

カートリッジは5000回以上の挿抜を保証しています。保存したデータの寿命は規定されていませんが、長期保管する場合は半年に1回くらいの頻度でドックに装填して通電してください。

RDXカートリッジはMacでも使えますか。

はい。その場合はカートリッジをMac用のHFSにフォーマットしてください。NTFSのままだと読み取り専用になります。Windowsと共用する場合にはFATにフォーマットしてください。ただし、4GB以上のファイルは保存できません。

PageTOP▲
Copyright 2000 - 2015 Imation Corp. Japan サイトマップ | お問合せ  |  Legal Information |  Privacy Policy