LTOメモリー情報取得/解析ツール SECURE SCAN(生産終了)
SECURE SCANのソフトウェアは使用するすべてのPCにインストールする必要がありますか?

スキャンプロセスを実行するすべてのPCにインストールする必要があります。

対応OSは?

Windows XP SP2/Windows 2000以降の32ビット/64ビットWindows OSに対応しています。なお、Mac OSには対応していません。

SECURE SCANのアイコンは、どこに設置されますか?

Windowsデスクトップのアイコンが、プログラムのインストール中に作成されます。
アイコンが誤って削除された場合、プログラムはデフォルトで以下の場所に保存されますので、そこから  アクセス/アイコンの再作成が可能です。
  C:\Program Files\Imation Secure Scan\Secure Scan.exe

LTO Ultriumのどの規格(世代)に対応していますか?

LTO1-LTO5およびUCC(クリーニングカートリッジ)に対応しています。

2つのUSBパッチコードがあるのは何故ですか?

SECURE SCANユニット内のRFIDチップリーダーとバーコードリーダーを、同時にUSB 2.0接続するためです。

USB 1.0または3.0接続で動作しますか?

動作しません。USB 2.0接続のみで動作します。

メイン・メニュー・スクリーンのBarcode Scanner status boxに赤い背景の'Not Found'メッセージが表示されます。何が問題ですか?

SECURE SCANソフトウェア上でバーコードスキャナを見つけることができません。
ドライバが正しくインストールされていないか、有効でない仮想ポートに接続されています。
USBを逆に接続するか、またはバーコード・デバイス・ドライバを再インストールしてください。

ソフトウェアインストール後に管理者モードに入るための最初のパスワードは何ですか?

デフォルトのパスワードは「imation」です。
ソフトウェアのインストール後、このパスワードを使用して管理者モードに入り、自分で設定したい新しいパスワードに変更することができます。

LTOをロックまたはアンロックするためにはパスワード入力が必要ですが、 万一、パスワードを忘れた場合、復旧することができますか? それはどのようにしたら良いですか?

暗号化されたパスワードは、PC上のSECURE-SCANソフトウエア内に保存されていますので、そこから復号に必要な情報を取得し、イメーションに送付いただくことにより、パスワードを復旧しご連絡いたします。
パスワードを忘れてしまった場合には、イメーションにご連絡下さい。

SECURE SCANでのカートリッジメモリー情報取得時に、バーコードラベルが読めません。何故でしょうか。

SECURE SCANは、イメーション製LTOカートリッジ本体ならびにPケースを基準にバーコードリーダーの位置設定を行っています。他社製カートリッジへのスキャン時には、稀にバーコードが正しく読み取れないケースがあります。そのような場合には、Pケースからカートリッジを取り出してスキャンを実行して下さい。また、Pケース上のキズやダメージの存在によっても、バーコードを読めないことがあります。

パスワードを忘れてしまったため、ロックを行ったカートリッジのアンロックを行うことができなくなりました。どうすればよいでしょうか。

パスワードを紛失してしまった場合には、ロックされたカートリッジ情報とともに記録されている暗号化されたキー情報によって、パスワードを再構築することが可能ですので、パスワード紛失時にはイメーションにご連絡下さい。

 

SECURE SCANソフトウエアのアップグレード時またはアンインストール時に、「1721 Error」および/または、「Fatal Error」のメッセージが表示されました。これは何を意味しますか。またどうすればよいでしょうか。

上記メッセージが表示された場合には、「OK」をクリックして下さい。特に問題はありません。その後ソフトウェアのアンインストールに成功した旨のメッセージが表示されます。

  • BACK
PageTOP▲
Copyright 2000 - 2015 Imation Corp. Japan サイトマップ | お問合せ  |  Legal Information |  Privacy Policy